Cheri meサロンの皆さん、こんはんば☆

みえこ(みえてぃ)です。

 

5月から始まったスパルタ女塾が、今週末、ついにラストを迎えます!!!

(私は、がっつり受講生として参加中☆)

女塾の特典として、先日は、えりさんにファッションコンサルをしてもらい、ショッピング同行もしていただきました☆

えりさんのおかげで、私に似合うお洋服のポイントがわかって、選ぶお洋服がガラッと変わった💕

 

「女を磨く」ことに特化したスパルタ女塾、すっごく楽しかったから、

終わってしまうのがとってもさみしい・・・

 

今日のコラムは、女塾をとおして考えた「自分を愛すこと」についてのお話。

 

=====

 

唐突だけど、みなさんは「自分の器」を愛してますか??

(「自分の器」とは、肉体存在の自分のこと)

 

私はね、女塾を受講するまで、自分の器を愛しきれていなかったの。

※ ここでいう「愛する」は、Cheri meでいう「愛する」と同義で、「存在をそのまま認めること」。

 

女塾を受講した理由も、シンプルに自分の外見を変えたかったから!!

もちろん、李咲さん・えりさんのような美しい人の生活習慣(当たり前の行動)やダイエットの基本を知れたことで、

食生活もガラリと変わったし、運動習慣もついたし、体重は減ったし、髪や肌はツヤツヤになるし、いいことだらけだった♪

(李咲さん・えりさんが与えてくれる情報量と質がすごすぎて、めっちゃくちゃおすすめの講座♡)

 

 

そして、女塾で得られたものの中で、特に私が嬉しかったのは、

「自分の器を愛する」ことが腑に落ちたこと。

 

私がここでいう「自分の器を愛する」とは、

自分の肉体をちゃんと見ること、受け入れること♡

 

女塾を機に、私は自分の顔や身体をじーっくり観察して、

まずはそのまんまを認めてあげた。

 

私は、背が低いし、顔も身体も丸いし(笑)、

太りやすいし、顔は左右対称じゃないし、

笑うと右側だけくしゃっとなっちゃう・・

おまけに、シンプルでかっこいいお洋服や色っぽいお洋服は全く似合わない・・・!!!

でも、その代わりに、私の「似合う」がちゃんとある。

 

憧れの誰か、きれいな誰かとの比較や、世間の美の基準はいったん置いといて、

まずは、自分がもって生まれた器(肉体)をそのままちゃんと見て(愛して)あげる。

 

目はこんな形の二重だな、鼻はそんなに高くないな、顔はやっぱり丸いな、とか笑。

 

よくよく見て、じゃあメイクでアイラインを引いた方が二重の目がもっと活かせるかな、とか、

顔が派手だから、華やかな色の方が似合うのかな、とか、

たくさんのアドバイスをもらって、トライアンドエラーを繰り返していくと、

自分も捨てたもんじゃないな~と思えるし、

今まで気づけなかった魅力に気づき、魅せ方を知ることができる。

 

 

もちろんね、もっともっときれいになりたいし、

自分の器をより「好き」になれるように、女を磨き続けたい、という思いは変わらないけど、

 

それは、自分を否定・拒否することからの行動ではなくて、

より心地良い自分にアップデートしていきたいという極めて純粋な動機が原動力になっている。

 

 

私たちは器(肉体)があるからこそ、この地球に存在できるし、

たくさんの経験ができる。

 

みんながみんな、自分だけの「器」をもっていて、

それ自体がみんな違って、そのままで十分美しいし完璧だし、個性そのもの。

 

私は、この「器」を選んで生まれてきたんだと思う。

私は、きっと「私」になりたかったのだ。

 

自分が持っていないものに憧れることもあるけど、

私は、せっかく選んだこの「器」を徹底的に研究して、もっと愛して、もっともっと輝かせてあげたいのだ✨

 

残念ながら、みんながみんなでいられる時間、私が私でいられる時間には限りがある。

この器と一緒に歩める人生、最高のものにしたいよね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました♡