Cheri meサロンの皆さん、こんはんば☆

みえこ(みえてぃ)です。

 

今週末は、サロンメンバーのちほりんと、約1年ぶり!に会ってお茶をしたり、

Real me15期大阪の初回講座のサポートをしてきたよ✨

 

=====

 

みんなの自己紹介と、Real meを受講する理由を聞いて、

3年前、私もガチガチに緊張しながら初回講座に参加したことを思い出した・・!

 

今の私を見てくれている人からは、

「本当に拗れていたの?」とか、

「悩みなんてなさそう」と言ってもらえるけど、

本当にすっごい拗れてたし、常に何かに不満・不安・恐れ・怒りを感じていたなと思う。

 

Real meを受けての私自身の変化は、これまでコラムに書かせてもらったけど、

もちろんすぐに変化したわけでは全くなくて、

1歩進んで2歩下がる。

(3歩進んで10歩くらい下がったこともあったな。笑)

これを繰り返しながら、今に至るなぁということを思い出した。

ちなみに、肉体を離れるまで自分との歩みは終わらないから、今も進んで後退して、を繰り返してるよ☆

 

 

向き合うべきは自分自身であり、過去の出来事や、元彼や家族との関係だったり。

頭ではわかっていても、向き合うのは怖くて辛かったし、

今までと違う選択なんて怖くてできなかったし、逃げて逃げて逃げまくっていたこともあった。

 

でも、どれだけ逃げても、結局「自分」からは逃げられなかったし、

怖さは時間がたってもなくならなかったし、

苦しくてもそのまま進むしかなかった。

(※ なお、私は「逃げること」自体は悪いことだとは思ってない。時と場合によっては、主体的に「逃げる」ことを選択することもある。)

 

その過程では、苦しいこともあったし、間違えることも、失敗することも、傷つくこともあった。

ただ、それでも、自分と仲良くなりたい、自分を見捨てたくない、だから進むという強い意志があったなと思う。

 

 

 

過去に、「なんで私の人生はこんなに真っ黒なんだろう。なんであの人みたいに恵まれてないんだろう、キラキラしていないんだろう。」って本気で思いつめたことがあって。

でも、勝手に色を消して、真っ黒にして、そこから何も見えなくして、暗闇に閉じこもっていたのは、他でもない自分自身で。

 

感情が揺れ動くことがあったのなら、その人/その出来事から、

何を考えるか/感じるか、何を学ぶか、どの面にフォーカスするか。

 

過去の出来事や自分の置かれた環境について、

悲観したり、人生の汚点と捉えて真っ黒な闇に沈むのか、

自分にとって意味のあるもの、何かを学ぶためのもの、自分の器(視野、価値観)を広げてくれるものと捉えて人生に彩りを添えるのか。

 

すべては自分で決められるし、決めていい。

本当は、見方を変えれば、自分の世界は彩り豊かで鮮やかで眩しいくらいなのに、

その輝きや鮮やかさ・眩しさから目を背け、その影(暗闇)しか見ていないなんてもったいない。

 

そう考えるようになって、

苦しかった過去も、家族との確執も、それらがあったおかげで、

私の人生には、たくさんの色が生まれて、それが私らしい色となり、私を鮮やかに彩ってくれているのだなと思えるようになった。

それが、きっと、人としての深みとなり、魅力となり、人を惹きつけるのだ。

 

 

でもね、すぐにそんなふうに思えなくていいし、

自分と向き合うことや、いつもと違う選択が怖くてできなくってもいいと思う。

 

1歩進んで2歩下がっても、1歩進めた自分を褒めていいし、

何回だって同じ失敗をしたっていいのだ。

(私は、これでもかってくらい失恋したし、繰り返すともはや「失敗」は失敗ではなく「ネタ」となる。)

 

自分で自分の輝き・色を見つけられなかったら、誰かの力を借りたっていいし、

ひとりが怖かったら、誰かと一緒に進んだっていい。

 

私はいつだってお手伝いするよん♡

=====

 

こちらは、RP2期の同期でもあるつるちゃんが、私をイメージしてプレゼントしてくれた花束💐

私の大好きな色や憧れの色がつまっていて、「あ~私のイメージなんだ」って本当に嬉しかったのだ💕

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました♡