Cheri meサロンの皆さん、こんはんば☆

みえこ(みえてぃ秘書)です。

 

昨日は、カレンダーチームで定例ミーティングでした!

完成までのスケジュールもみえてきて、さらにワクワクしています。

チームメンバーとともに、インスタライブなどで進捗報告をする機会も作る予定なので、

楽しみにしていてくださいね♪

 

ちなみに写真は、週末にお寿司屋さんで食べて美味しくて感動したカニです。

コラム内容とは関係ありません笑

 

=====

 

私が所属する会社では、今が1年間の人事評価の時期でして。

(この人事評価の結果で、定期昇進や定期昇給が決まっていく)

 

過去の私は、前からこの時期から評価が伝達されるまでの期間はソワソワしていて、

ミスしたら評価が悪くなる!とか、

あの人よりもいい評価がほしい!とか、

雑念と邪念、盛りだくさんで仕事していた(笑)

 

今はほとんど評価のことを気にしていなくて、

毎日伸び伸びと過ごしています♪

(評価される側でもあるけど、評価する側でもあるので一応スケジュールとかは気にする笑)

 

 

人からの『評価』を気にしていたときって、

自分の価値を誰か(上司や同僚など)に認めさせたくて必死だったな、ということ。

自分じゃ自分を認められないから、誰かに『君はすごいよ、頑張っているよ。○○より優れているよ。』って言わせたかった。

 

ありのままの自分を愛するとか、自分は自分のまま存在していい、と思えていないときって、

誰かから求められることだったり、誰かより優れていると言われることで安心感を得ていて、

それに全面的に依存して、執着していたんだなと。

 

仕事だけじゃなくて恋愛にも言えることで、

振られること、拒絶されること、断られること、に異常なほど不快感や怒り、悲しさを抱いていて。

 

そのときって、

  • 自分と他者と比較して、
  • 善悪/上下/優劣を勝手にジャッジして(マウントして)、
  • 相手をコントロールしようとして、
  • 自分を認めさせたくて(健全な承認欲求ではなく異常なほどの承認欲求)、
  • 望んだ結果を出すことに執着する。。

 

すると、

人との間に上下がある現実、

より制限がある現実、ポジションやパイが限られる現実、

望む結果が得られない現実、愛されない/認められない現実、

がどんどん投影されてしまった。

 

そして、自分の意識が創った現実を見て、無価値観を感じさらに落ち込む。。

 

という負のループ!!

 

私は、これらの『外に向いていた意識』(比較、ジャッジ、コントロール、執着など)に気づき、

Real meを卒業してから、意識的にどんどん手放していった。

(正直、手放しても手放しても、今でもまだある。。どんどん出てきてしまうときもある。笑)

 

でもね、何度も何度も『ぽいっ』としていると、

いつの間にか、心や意識に『スペース』が出来てきて、

 

『外に向いていた意識』(比較、ジャッジ、コントロール、執着など)が、

内(自分自身)に向いてくる。

すると、自分のことも、相手のこともありのまま受け入れる器がどんどん大きくなってくる。

(客観的に、俯瞰できるんだよね。要はフラットに捉えらえるということ。)

 

そうすると、不思議と現実がどんどん変わってきて。

私がみている現実は、結局、自分の意識の投影に過ぎない、ってことに気づく。

(自分への扱い方や思考がそのまま投影されている。)

 

現実を変えるって、自分の意識を変えることが始まりなんだよね。

テレビやラジオのチャンネルを合わせるみたいに★

 

ちょっと長くなってしまったのでこのへんで。

人事評価から、現実創造を考えた夜でした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました♡