Cheri meサロンの皆さん、こんはんば☆

みえこ(みえてぃ秘書)です。

 

週末、サロンメンバーのかおりんのパン教室に行ってきたよ!

Real Partner2期/スパルタ女塾の同期でもある、まゆみんと♡

 

 

さて、本日もReal meへの溢れんばかりの愛と感謝を込めて、

 

「Real meと私」シリーズ⑦です♡

 

 

Real me継続講座では、30通ものメールワークがあり(4日に1回のペース)、

その1つ1つに意味があって、

どれもしっかり自分と向き合える内容になっている☆

 

Real meの講座内容自体も、ものすごく深い学びがたくさんだけど、

4日に1度送られてくるメールワークで、

徹底的に自分と向き合ったことが、

その後、私が大きく変われたきっかけだったように思う。

 

私は、ずっと他人軸/世間の基準、

親や先生、周りの友達の価値観に合わせるように生きてきて、

いつの間にか、自分が本当は何を望んでいて、

何がしたくて、どう生きていきたいのか、なんて考えなくなっていた。

(正確には、当時から理想はあったし、考えていたんだけど、あくまで他人の価値観での‘‘理想‘‘で、それを自分の‘‘理想‘‘だと思い込んでいた。)

 

 

本当に自分が望むことを知るためには、

私の場合、自分で封印していた、つらかった過去を癒す/許す必要があった。

 

ワークを進める中で、過去を振り返るワークが多々あり、

 

・子どものころ、親に言われた容姿に関する何気ない言葉、

・友達と比較され、能力が劣っていると言われた言葉、

・合コンで出会った男性から言われたひどい言葉、

・元彼から言われた心無い言葉、

・両親の離婚で傷ついていたこと、

・受験に失敗し、親の期待に応えられなかったこと、

・男性から平手打ちされたこと(ゲームだったんだけど・・)などなど、

 

つらくて、苦しくて忘れたかった過去がどんどん蘇ってきて、

あまりのつらさに涙が止まらなくて、ワークが全く進まないこともあった。

 

当時のノートを見ると、涙でにじんでいるページがたくさんある・・笑

 

でも、李咲さんやあっきーから、

「過去や事実は変えられないけど、それに対する意味づけ/捉え方は自分で変えられる。そして、今を変えることで未来は選べる。」

ということを学んで、

過去や事実を悲観したり、自分の不幸を環境や境遇のせいにする以上、

結局、自分を過去に縛り付け、幸せになるチャンスを自分で自分から奪っていることに気づいた。

 

自分を「被害者」、「かわいそうな存在」にすることで、

自分の幸せのために行動することから逃げていたのだ。

誰かのせいにして、だから私は不幸なの。かわいそうなの。と自分を「特別視」して、現実から逃げていただけだった。

 

私は「今」を生きているはずなのに、ずっと過去の出来事に縛られ、振り回されているのだとしたら、

ずっと私は、「過去」に生きていることになるなと気づいた。

 

私は私のために、今を生きるために、未来を創るために、

過去を「許す」ことを選択できた。

 

当然、簡単には許せなかったし、

様々なネガティブな感情が襲ってきたし、

相手を謝らせたい!間違いを認めさせたい!なんて怒りがわいてくることもあった。

 

でも、李咲さんが「時間はかかっていい。自分のペースで大丈夫」と言ってくれて、

すごく救われ、焦らず、じっくり「許す」ことができてきた。

 

今でもたまに思い出して悲しくなることもあるけど、

過去がひょっこり顔を出したら、私は、

今世の人生をかけて、いくらでも何度でも許して癒していこうと思う。

 

つらい過去も、傷ついた過去も、

今の私を創る大事な要素で、何が欠けても今の私にはなっていない。

 

過去を受け入れ、許し始めたとき、

私は本当の意味で自分の望みや理想が分かった気がするし、

人生の主導権を自分に戻し、自分のために生きている、という実感が持てた。

 

そして、今では、自分の「可能性」を信じて行動しているし、

どんどん変化する自分が楽しいし、

過去でも未来でもない「今」を心から楽しめるようになっている。

 

 

Real meに出会っていなかったら、私はどんな人生を歩んでいたのだろう・・・

きっと、そっちの人生でも、それなりの「幸せ」はあったかもしれないけど、

私は、つらくても苦しくても、自分を「変えて」、自分のための「最高の未来」を選んだ。

 

本当にReal meを受講してよかったと思うし、

あのとき、想像もしなかった自分に出会えたし、これからも出会っていくのだと思う。

 

 

Real meと私シリーズ、読んでいただきありがとうございました♡